2004年11月30日火曜日

三菱電機、量子暗号通信に成功・通信距離は世界最長

三菱電機、量子暗号通信に成功・通信距離は世界最長
菱電機は29日、盗聴や改ざんを完全に防げるといわれる「量子暗号通信」で、国内初の屋外通信実験に成功したと発表した。通信距離は世界最長の96キロメートル。量子暗号通信が実用レベルに達したことを実証できたという。2年後をメドに官公庁のセキュリティーシステムなどで実用化を目指す。
 実験には大阪市と京都府精華町を結ぶ情報通信研究機構の既設回線を利用した。通信速度は毎秒8.2ビット。文字情報を既存技術で暗合化。暗号を解くための「鍵」を量子暗号通信の手法で送った。鍵が盗聴不能なので、情報自体も安全に送ることができるという。[NIKKEI]
通信速度は、8.2ビット/secですか。。昔、50ビット/secのアナログ通信をしたことがありますが、
これぐらいの速度になると、クリスタルイアホーンで、慣れるとデータを識別できます。
でも、今回は、光子による通信で、この光子を覗き見すると、光子自体が変化(?)するらしく
結果、盗聴できないというものらしい。
6503 三菱電機(株)
 http://search.picolix.jp/search/6503.html

0 件のコメント:

コメントを投稿