2005年8月6日土曜日

サムネル画像表示の著作権について。

サムネル画像表示付きのODPカテゴリーサイトのアートディレクトリーのデータを利用して運用しているのですが、登録サイトさんより、削除依頼が最近立て続けに着ました。
::サムネル画像表示を無断で表示していいか?::
1)「サムネイル表示は著作権侵害に該当せず、リンク表示は今後の課題に」(PCWEB)
2)「ニュース記事の「見出し」の転載は著作権侵害になるか?」(日経BPネットビジネスTODAY)
------------------------------------
アメリカの判例には、視覚サーチエンジンが、無断でホームページの画像をインデックス化し、検索画面に表示した事例において、リサーチ目的のサムネイル表示は、公正目的の範囲内であるとし、いわゆるフェア・ユース(公正利用については著作権の効力が及ばないとする理論)により著作権侵害に該当しないとした事例があります。
しかし、我が国においてはフェア・ユースを否定する判例が多くみられ(東京地裁平成7年12月28日・判例時報1567号126頁)、同様の結論が国内でもたらされるかについては疑問があります。
------------------------------------[(2005/05/17 石井 健 弁護士) ↑ここまで記事引用]
のように、米国では、「サムネイルは公正使用にあたる」という判断があるようですが、日本では、グレーのようです。
3)「コンテンツの一部を検索するピンポイント検索」(検索デスク
------------------------------------
写真家や芸術家は自分の作品がリダクションされてサムネイル表示されるのを受け入れないかも知れません。
------------------------------------[2003年7月12日 浅井勇夫氏 ↑ここまで引用]
のように、アートディレクトリーでは、種々のクリエーターの方がおられ実際、サムネイル表示は、無断ではお断りという方も多いようです。
ということで、sozai.picolix.jp,search.picolix.jpにおいて、サムネイル表示はとりえあず表示しないようにしました。
本当は、アートディレクトリーこそ、クリエーター達の成果物の紹介として、サイトTOPのサムネイル画像を、表示したいところなのですが..今後は、なんらかの登録ディレクトリーにでも使用しようかと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿