2005年8月1日月曜日

「ODPコピーサイトをGoogleインデックスから削除]

これまた、[SEMリサーチ]さんのところです。これはちょっと気になったので。
--------------------------------------------
「見せかけだけのサイトや何の価値も加えられていないODPコピーサイトはインデックスから削除する」 - Googleが検索エンジンスパム対策のために新たなスパムフィルタリングを導入したようだ。WebmasterWorldにてGoogleの従業員であるGoogleGuyも認めている。
--------------------------------------------
ということなのですが、当方、ODPのビジネスディレクトリーをコピーしてComSearchを運用しています。
ODPのビジネスディレクトリーデータに、
1)サイト検索
2)サイトのMeta,Titleをロボット収集
3)上場会社データの付加
4)サイトサムネイルを独自のキャプチャーツールにて取得・表示
以上の4項目を付加しているのですが、今後、Googleに認められるか?それともインデックスから消えて行く
運命なのか。気になるところです。


現在、"search.picolix.jp"で検索すると、10,800件あります。[2005/8/1 メモ]

2 件のコメント:

  1. はじめまして こんにちは
    当方もODPデータを利用してディレクトリ作成していますので、気になるニュースです。
    ODPエディタとしても活動している身ですが、ぶっちゃけGoogleディレクトリもそんなに大そうな価値を加えているとは思えないですがね。。PRだけでしょ。
    本当なら、ちょっぴり横暴さを感じたりしてます。

    返信削除
  2. こんにちは。Eva Libraryです。
    そうですね、Googleディレクトリーも、Thumbshots.netもそれほど付加価値はないような。Googleも大変ですね、フィルター、フィルターの積み重ねで。。

    返信削除