2006年3月15日水曜日

関西インターネットソリューションサプライヤー・コンベンション Web2.0

「関西インターネットソリューションサプライヤーコンベンション(大阪産業創造館)に行ってきました。
午後からの、グーグル・広告プランニングシニアマネージャーの高広氏による「ロングテール新しい広告の開拓地」の講演と、Web2.0のトークセッションの話を聞きました。


グーグル・高広氏のweb2.0以前の広告の成り立ちから、今日のweb2.0における広告の話があった。いかにロングテール部の潜在広告需要を取り込むか。
Googleでサービスされている、Adwords,Adsenseがこれにあたる。
ちなみに、日本で最初の広告の形態をなしたのは、「引札」とのこと。これが「チラシ」へと発展し、マスメディア媒体への記載(ロング部分)で、検索結果と連動したコンテンツマッチされた広告配信(時間軸、地域)(テイル部)となる。
まあ、こんなとこでしょうか。
Web2.0のトークセッションですが、サブタイトルが、「もうかりまっか?Web2.0」です。
NTTレゾナント gooサービス統括 上原氏
ウェブシャーク 木村氏(電脳卸)
NAMAAN 益田氏
宣伝ジョーズ 藤原氏(Jetrun)
GMOVenturePartners 村松氏
のパネラーの方々でのトークで、Web2.0ではどうもうかるのか?、どうやっていったら
もうかるのか?電脳卸のアフィリエイトは、Web2.0なのか?
木村氏は、Web2.0の仲間だと言っておられましたが。(いや入れて欲しいといったところか?)
などの議論がありました。結局Web2.0ってなんなの?
=>まあ今時のしゃれたサービスは皆Web2.0ってとこかなと私は一人思ってます。
でどうしたらいいの?とりあえずやってみることらしい。 by 上原氏

0 件のコメント:

コメントを投稿