2007年2月21日水曜日

「IgWebCap」サムネイル生成サービス

IgWebCap」サムネイル生成サービス
すごいなーこれ、キャプチャーは早いですし、ユーザインターフェースもばっちりです。
キャプチャーのエンジンは、Linux系?、Windows系?
サムネイルサービスも最近はよく立ち上げってきてますが、
キャプチャーサーバのネットワークリソースのコストは他のAPIサービスと比較して相当高く、
・キャプチャーエンジンの開発、
・過負荷アクセスに耐えられるか、
・どこまでリアルタイム処理ができるか、
・サーバの安定化(ハングアップ対処・回避、スパイウエアー対策)
等があり、自前で用意するには躊躇するところです。
当プログパーツのICEBAER アイスバーは、サイトのサムネイル画像を取得し、(自前の
Crenahtml2jpgを搭載した自宅windowsサーバを立てています。)
その画像データから種々の計算(たいした計算ではありませんが)をし、3色のイメージカラーを決定して、アイスバー風のアイコンを生成します。
http://icebar.opentool.jp/screenshot/
色抽出の計算はもうちょっとチューニングする必要があるかと。
写真等のように全体に色があるものは良く適合するのですが、背景が白、黒メインでへーダー画像や、文字に色が少ないと全部グレーと判断してしまってます。
色名ももっと具体的に出せるのですが、今のところ16色にしています。
16色にするときに、色相で判断していますが、これまた誤差がでるので、思った色名にならないことがあります。
で、サイトのサムネイル画像を生成するのが主目的ではありませんので、逆に、「IgWebCap」のようなAPIを使わせてもらって画像を取得した方がずっといいかも。。
というか使わせて頂きたいな~

0 件のコメント:

コメントを投稿