2007年12月16日日曜日

viエディター

unixのviエディターもう何年使ってきたか。17年以上か。
自宅から遠隔操作であるサーバをメンテしなければならなかったのですが、そのサーバにログインするのにセキュリティーがきつくいろんな迂回経路&選択でやっとログイン。
で、目的のバッチシェルをviでエディトしてセーブしようと、:を押したのですが反応せず。どうやら@:_が入力できない!(英語キーボードモードでもないようです。)
ん~。めくら打ちしてたら:欄が表示していったんセーブ終了。
再度、編集する必要があり、どうやったらセーブ終了できるのか?googleでviを検索して、
ZZ で保存終了できることがわかった。ならばQQはどうか、出てきました。:コマンドモードが、
めくら打ちでこれが反応したのか。。
で、ZZ、QQ 17年目にして覚えました。修正以上にviの操作で疲れました。。

0 件のコメント:

コメントを投稿