2011年8月10日水曜日

flash player 10.1 バックグラウンド時の 2FPS 回避方法

回避方法が分かりました。
mms.cfgに「FullFramerateWhenInvisible = 1」を記述すれば良いようです。
[ファイル名] mms.cfg (文字コードはUTF-8)
[ファイル内容]
FullFramerateWhenInvisible = 1
↑の一行(改行して下さい。)を記述。またすでにmms.cfgで他のオプションを記述している場合は、追記して下さい。
(注意:アドビでは、mms.cfgをいじることは推奨しておりません。自己責任でお願い致します。)
[保存場所 ]
 windows xp : C:\WINDOWS\system32\Macromed\Flash
windows 7 32bit : C:\Windows\System32\Macromed\Flash
windows 7 64bit : C:\Windows\SysWOW64\Macromed\Flash
※windows 7 64bit版は、flash player 11 beta を使用のこと。
flash player 10.1以降で表示がバックグラウンドに回った時は、2FPSになります。CPUの使用効率を上げるためですが、大きなお世話なんですねこれが・・
http://help.adobe.com/ja_JP/as3/mobile/WS4bebcd66a74275c36cfb8137124318eebc6-8000.html
早速 http://icebar.sco.jp/info/ のWEBキャプチャーサーバのFLASH PLAERを最新10.3.181.34にしてOK。
また、windows 7 64bitのflash player 11 beta(64bit版) + Crenahtml2jpg(64bit版)
でも動作OKでした。
Crenahtml2jpgの64bit版は、32bit版と比較してあまりメリットがないと思うので非公開です。
欲しい方はメール頂ければ、メール送付致します。
[参考URL]
「flash player バックグラウンド 回避」
ん~。このキーワードになぜたどり着かなかったのか。
当初、自分のプログラムが悪いと思って、プログラム関連でのテクニカルタームで検索してた、もっと素直に検索すれば良かったのかも。
1年も前に解がありました。
http://seikatukaizen777.blog7.fc2.com/blog-entry-518.html

0 件のコメント:

コメントを投稿