2013年3月5日火曜日

SMAIL UTF8の対応

前回、「IBM拡張文字->NEC選定IBM拡張文字変換」に対応して、拡張文字の文字化け対応致しましたが、今度はUTF8変換にも対応予定です。
とりあえず目途がたったので、また週末に改修予定。。。あ、週末は旅行に行くんだった・・
[窓の杜ダイジェストニュース3/4]
http://www.forest.impress.co.jp/docs/digest/index201303.html

SMAIL改修方針:メモ
【utf-8対応】

1.本文:
1) charset="utf-8" 、content-Transfer-Encoding:は 8bitにして、
  8ビットバイナリ―コードで出力。

2.サブジェクト、漢字添付ファイル名、漢字ニックネーム
1) utf-8でMIMEエンコード
=?utf-8?B?xxxxxxxxxxxxxxxx=?=

※漢字ニックネームはフリー版では使えません。

3.添付ファイルは今まで通り。
1) content-transfer-encoding:base64


肝心のsjisからutf8への変換ですが、MultiByteToWideCharでCodePageにCP_UTF8を指定すればOK。
Windows CEは、CP_UTF8は未サポート。

0 件のコメント:

コメントを投稿