2013年4月22日月曜日

oracle プロシージャーのインポートに6時間がかかる


【メモ】

本番システムのoracleデータベースをexportしたものをimportしたのですが、プロシージャー以外はすんなりimportできましたが、プロシージャー(150本)は、6時間ぐらいかかってしまった。
(週末にimportを動かしたまま放置して、今朝みたら全部正常にimportできていた。)

プロシージャーがなぜこんなにも時間がかかったかみたところ、各プロシージャーの作成時間を調べてみると、大体30分区切りで一群のプロシージャができている模様。
どれがネックになっているか見てみるとどれも、データベースリンクを使用しているプロシージャーでした。

本番は、データベースリンク使っているのですが、今回開発しているところは、データベースリンクはいらないので、当然ありません。
データベースリンクが引けないので、多分タイムアウトするまで待っているものと思われます。

インポート時だけタイムアウトを短く設定できるか、精査不要のオプションがあればいいのに。。。

==== 追記 ====

インポートのCOMPILEオプションはデフォルト"Y"みたいですので、これを"N"でやれば
早かったかも。

imp system/xxxxxx file=abc.dmp fromuser=user1 touser=user2 ignore=y compile=n

0 件のコメント:

コメントを投稿